M-1めっちゃモヤモヤしたからリハビリがてらの駄文

まずは敗者復活戦。

三四郎かとろサーモン行ってくれ~と思ったけど、三四郎はドリフのネタだし、サーモンさんは電車のネタだったから、あっ、こりゃ行かないかもと思った。

でもどっちのコンビも昔からやってるネタをブラッシュアップして、良くウケてたと思う。

ただ三四郎は、三四郎って認知されてるからウケてるというか、もうちょっと笑われてる感じがして、もっと強いネタあるじゃ~んって思ったけど、本戦、決勝までネタ温存って考えると、難しいのかなとも思った。

でもめちゃめちゃ面白かった。歯があっても小宮さんも怒涛のツッコミも相田さんの親の敵のようにボケる様も最高だった。

とろサーモンもめっちゃ笑った。スタイル貫いて、既存のネタでもアドリブ入れて、なおかつウケてるのは、やっぱり凄いカッコイイなと思った。でも、一番面白いのは石焼き芋のネタだと思ってるから、やっぱりネタ温存なのかなぁとも思った。久保田さんの本気で悔しそうな顔が忘れられない。


あと、最近おもしろいなと思ってたAマッソ。もっともっとネタの密度も精度も上がっていく伸びしろがあるなと思った。あの感じの漫才を女性でできて、面白いコンビいなかったから、もっとネタ見たいと思った。


で、一番笑ったのは東京ダイナマイト。死ぬほど笑った。歯ブラシネタ、もう使うのかぁw


本戦は、去年の魑魅魍魎のモンスター感謝祭と相反する正統派漫才師が多くて、個人的に嬉しかった。最近は漫才コント通り越して、コント漫才みたいになってるのも漫才になってて、それ漫才と違うやろってのも普通にM-1とか出てるの見ると、なんでやーって思ってたから、良かった。

出場者見た段階で、もう銀シャリ優勝してくれ~銀シャリ優勝させてあげてくれ~って感情しかなかった。THE MANZAIとか、キング・オブ・コントは、え?なにその採点?って毎回なるけど、今回は順当だなって感じだった。審査員の好みがはっきり別れてるのも良かった。あと上沼恵美子怖すぎ。


ハライチ、大好きだけど、いつものスタイルだと、80点だいの面白さまでは行けても、絶対そこから先の大爆笑にはいけない。だから、あえてスタイルを捨てて、形式は残しつつ、展開ってものをつけたのは良かったし、良く殻を破って冒険したと思う。それで決勝までこれたのも凄い。やっぱり、テレビ出てる芸人は面白い。

ただ、それによって、縛りができたなって感じがした。岩井さんがアドリブ繰り出せないし、そこから生まれる、困り続けて苦しむ澤部さんが見れないから。僕がアドリブ大好きってのもあるけど、「澤部を泳がす岩井」を失って得たものとの天秤が釣り合ってなかったと思った。

でも、ある種のマンネリ化から抜け出そうとするハライチはかっこよかった。澤部さんピンでばっかりテレビ出てるけど、初めてハライチの漫才見た時の衝撃と感動は忘れられない。これからももっとハライチの漫才が見たいと思った。


スリムクラブは、おしゃべりキッチンにボロクソ言われてたけど、めっちゃ面白かった。なんか、もはや懐かしい気さえしたけど、昔より面白くなった気がする。出たての頃は、ただ、カスカスの声で意味不明なことしか言ってなかったけど、今日のネタは、カスカスの声で意味不明な面白いこと言っててよかった。2WDは、歴史に残るよマジで。


さらば青春の光は、普通にコントだった。審査員コメントで「コントやなぁ」って言いたかった。面白かったけど。


スーパーマラドナーバは、2本目のネタは完璧だった。1本目は、人志松本の言うとおり、しんどいところがあった。最後の3人目が田中さんっていう裏切りはめっちゃ良かった。ただ、一人二役はテンポとスピードが命だし、カス当たりだったら全部デスタイムになっちゃうから、よっぽど練り上げて試行錯誤しないと、しんどいなって思う。ツッコミが大きいから、小ウケでもカバーできてるなって感じがしたけど、それでも、決勝行けるレベルの面白さではあった。

2本目が良かったのは、展開の仕方。漫才コント入ったら、ボケとツッコミの配役は固定が普通。その配役を回転させたのが笑い飯革命。マラドーナのすごかったのは、配役をチャンジして、更にボケの役を変えていくことで、飽きさせない展開、予想のつかない展開を作ったこと。観客に先読みさせないレベルでボケを畳み掛けたのが良かった。ただ早すぎて1ボケを消化する前に次々ボケを食わされた感じはあった。それこそ、わんこ蕎麦的な、同じ味、同じ量のボケで、大爆笑まで昇華しきらなかった感はあった。

それでも、マラドーナ優勝しちゃうかも~って思った。


和牛も素晴らしかった。引きつける感じの漫才コント、完璧だった。ただ、ボケもツッコミも設定に抑え込まれてて、こもってる感じがした。だからこそ、終盤の逆ギレが活きてるんだなとも思った。迷彩服とか、最初の小ボケをフラグとして回収するのは、完成度高くていいなぁと思ったし、めっちゃ面白かった。

2本とも展開もボケも凄い良かったけど、どっちも同じ構成のネタってのが、ちょっと惜しかった。もちろん、ネタ3本やったってのはもあるけど(敗者復活戦のネタは見てない)。パンクブーブーとか、チュートリアルとか、笑い飯とか、同じ構成のネタってのは、やっぱり大爆笑級じゃないと、耐性ができちゃう。サンドイッチマンぐらい意外性があるとか、バイキングぐらい意外性+爆発力がないと、しんどい。

それでも、めっちゃ面白かった。僅差で和牛優勝かなーと思った。


で、本命銀シャリ。1本目は、もう何にも言うことない。最高。これぞ銀シャリって感じだった。いつかの大会で、どっかのクソ(そもそも漫才師ですらない)審査員に「面白いけどネタのチョイスが古い」とか言われたけど、良くここまで仕上げて来たと思う。1つのボケに、これでもかってぐらいツッコむ橋本さん最高。1ボケで何回笑かすねんって感じだった。もう1本目の1ボケ目で、あっ、今年は銀シャリ優勝だわって確信した。レって中々ないよなぁw。ホントに面白かった。あと、まっちゃんは、水曜日のダウンタウンで、ドレミの歌現代バージョンやる説があったから、ちょっとブーストかかって面白がってたと思う。やっぱりご飯者は面白いよねぇ。

でも2本目ね。これは、ああ、優勝のがしたぁっと思った。まず、フリの長さ。橋本さんが喋ってるだけのフリが長い。それに対するボケも一個だから、時間と笑いの費用対効果が低い。面白いよ。面白いけど、なんで2本目でそれなんだよぉ、童話のネタとかことわざのネタあるじゃん。なんならマグロー!のやつでも料理のさしすせそでもいいよぉ。一番のネタでスッキリ優勝してくれぇって思った。

最後の判定でまっちゃんが和牛に入れてたのも、そうだよなぁって思った。


ちょっとモヤモヤしたけど、銀シャリ優勝できてホントに嬉しい。泣いてる二人見て、僕も泣いた。初めて賞レースで見たとき、それ以降毎回絶対銀シャリ優勝!今回こそ絶対優勝!って思って、同じように苦い思いをしてきたから、自分のことみたいに面白かった。

あとは、礼二の兄やんがボソっと言ってけど、これからも漫才続けること。これだよなぁって思った。礼二さん、もう師匠のオーラが出ててすごかったw

三組とも僅差だったから、各審査員がどう思って投票したのかもっと聞きたかった。M-1は、どうでもいい前フリとかコンビの歴史とかいらないから、そこ聞かせてほしい。


去年がモンスター大会だったから、今年は良い大会だった。特に、決勝三組がちゃんとした漫才師ってのが良かった。ゲテモノは1組でいいよぉホント。真面目に見てるのがアホらしくなる。面白いから良いけど。

あっ、あとアレね、敗者復活戦で勝ったコンビを誘導する芸人さん募集。ひぐち君亡きあと、その枠空いてるから、早く誰か入ってほしい。入って欲しカッター。小宮さんが和牛の後ろちょっと追いかけてて笑った。


終わりで~す

ズートピア観た感想1

周りのオタクが大絶賛してたので、観て来ました。結論から言うと、そうでもなかった(オイ)。


この映画のターゲットは、たぶんかなり低めなんだろうなってのが、全体を観ての雑感です。というのも、作品の世界観として、ベースに動物同士の確執がありながら、物語の主軸は「諦めないでいこう、どんな事があったとしても」っていう、槇原敬之ばりの『前向きさ』であり、あとは、友達を信じるとか、長所を生かすとか、助け合うとかの、普遍的で王道的なもだと感じました。というのも、アナ雪が、実は色んなマイノリティに向けたメッセージ性の強い作品だったので、それと比較すると、かなり分かりやすくて、ストレートなテーマだったなと思ったわけです。いや、まあアナ雪はまだ見てないんですけど(オイ)。


オタクに薦められた点としては、『バディーものとして優秀』ってことでした。イジメとか差別を倒す勧善懲悪で精神的なものより、ウサギとキツネの友達以上恋人未満の、まさにバディー、相棒と呼ぶに相応しい姿がそこにある。その絆が深まるいきさつと、絆そのものの美しさですよね。これは、確かにあったなと思いました。というか、テーマ自体が全世代向けなので、むしろそこに注目したほうが、楽しみ方といては合ってるんだと思います。

ほいで、それの何が気に入らなかったかと言うと(マテ)、その過程が、割と一本調子のように感じられたわけです。「兎狐の仲、もとい、犬猿の仲だった二人、いや2匹が、物語が進むにつれて、お互い助け合うことによって、絆が深まる。しかし、2人の心は引き裂かれて離れ離れになるも、すぐに仲直りして、もう一度二人三脚で走り出す」っていうのは、割と教科書どおりの展開なんですけど、この「喧嘩したのに割とあっさり仲直り」したのが、あっさり過ぎて、こっちの心が置いてかれちゃった感が結構ありました。

まあ正直尺的にもあんまりここに時間は割けないだろうし、もっと別に描きたいことがあったからだってのは、十分理解した上でです。にしてもご都合主義じゃないのか?って気がしてなりませんでした。仲たがいしてウサギが実家に帰るところは、起承転結でいう転の1つなので、欠かせないパートなんですが、むしろ、実家に帰らせるためにケンカさせたんじゃないかっていう(マテ)。とか言いながら、ウサギが夢を諦めて死んだ魚の眼で実家の屋台を手伝ってる姿は、結構くるものがあった(笑)。いや、実際ああいう経験をしたわけではありませんが、本当にやりたいことを諦めて、仕方なく別のことをする姿は、あまりにも悲劇的だなと、思わず感情移入したシーンでした。

確かにバディーモノとしては成立してるし、清らかで清々しく、なんの淀みも無いので、万人受けしそうだなと思いました。親友と一緒に見に行くのはオススメですね。ただ、私は歪んだ人間なので、もっとこう、心の綺麗な部分に直接墨汁ぶっかけるようなえぐい喧嘩が見たかったし、それを乗り越えることで産まれるカタルシスを得たかった。あと、冒頭でウサギがキツネに一発キメられたのに(いかんせん表現が汚い)それがトラウマになってないのも、ちょっとつまらなかった。キツネとの壮絶な決闘!蘇る幼き日のトラウマ!2人を引き裂く陰謀!みたいのが欲しかった(セックスアンドザシティでも見てろ)。


特別面白いなと思ったのは、細かい動物の描写や仕草とか、各動物にあわせた社会(街)のありかたが、独創的かつ芸術的に描かれてたところでした。特にウサギが初めてズートピアに上京してくるシーンで、ウサギと全く同じ視点で見る『ズートピア』という街の面白さは、筆舌に尽くし難かったです。ハムスターの輸送方法とか、カバの脱水とか、キリン専用のジラフスルー的なものとか、ネズミ専用の街などなど、遊び心やバリアフリー的思考の詰まった、魅力溢れるガジェットと街作りには、心が躍らされました。

それから、動物たちが、野生時代から遺伝子レベルで植え付けられている習性が、面白おかしく描かれてるのも、非常に良かったです。ハムスターの行列とか、オオカミの遠吠えとか、ナマケモノの描き方そのものとか、たぶん他にも、事細かにそれぞれの動物にあった、まさにキャラクター性を散りばめているんだなと思って、非常に感心するとともに、正直めちゃくちゃ面白かったです。私は、意外と動物好きというか、生態とか習性を調べるのは好きなので、もしも、さかなクンの動物バージョンみたいな人が見たら、面白すぎて鼻爆発すると思いますよ(個人の見解です)。


観る前は、勝手に差別とかをテーマにしてるのかなー?と思っていました。ゾウのアイスクリーム屋での、「キツネには売らない」ってのは、アメリカの黒人差別を彷彿とさせたので、待ってましたとばかりに、ちょっと顔が引きつりました(笑顔)。ただ、これ以上その辺があまり重々しく描かれておらず、ちょっともったいない気もしましたが、冒頭でも書いたとおり、メインターゲットが低めなので、やれてこのぐらいなのかなという妥協点でもあったように思えました。


本作の背景には、肉食動物による、草食動物への虐げが存在していました。それに対して、「肉食ってるから何なんだ、草食っててもいいじゃない、反芻するもの」って具合に、草食たちの怒りが事件を引き起こしていたわけですが、「草食だから」という理由で虐げてきた肉食を、件の会見以降は「肉食だから」という理由で迫害していった姿は、中々に社会的皮肉に富んいたように感じました。そして、真実や正確さ公平さよりも、「危なそうかどうか」「不誠実そうかどうか」という恣意的な判断で肉食動物を追いやるメディアや社会の有様は、今日の日本の過激で扇動的な手段で、個人を攻撃し迫害する姿を見ているようでした。個人的には、この辺の、人間社会を投影して作られた動物社会を見ることで得られる、客観的な人間社会の有様、いわば、擬人化ならぬ擬社会化が非常に面白かったです。


余談はこの辺にしといて、お待ちかねの芝居の話に行きたいところだけど集中力が持たないので次回へ。

僕の考えた最強の紹介文


わずか14歳で声優としてのキャリアのスタートをした木戸衣吹。初ヒロイン役として抜擢されたアニメ「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」では、その大胆で規格外な演技は、共演者の茅原実里にラジオで絶賛されるほどだった。翌年の主演作「帰宅部活動記録」では、打って変わってギャグアニメのツッコミ役に挑戦。ボケ4人に対して、ツッコミ1人という、ボケのカロリーが常に高い作品であったが、果敢にも一人でツッコミ続ける姿は、一部で「夏希か人志か」と囁かれるほど(筆者調べ)の、高密度で正確無比なものだった。更に翌年の「お姉ちゃんが来た」では、腹黒ヒロイン。去年の「すべてがFになる THE PERFECT INSIDER」では、無機質無感情の天才プログラマー。そして今年の「とんかつDJアゲ太郎」では、スレンダーでクールなDJと、その役幅は留まる事を知らない。画面の中の彼女は常に色彩豊かで変幻自在なのである。


ジャスト400文字。自分の才能が怖い。

拝啓 森岡賢様 2

MELLの2ndアルバムは、思いのほか早くリリースされた。

一点の曇りもない、ストレートな愛をテーマにしたアルバムのタイトルは「MIRAGE」13曲中3曲の作曲・編曲が彼の手によるもので、私は始めて彼の手がけた音楽と出会うことになった。


『Princess bloom』

それは海。満ちては引き、引いては満つ。穏やかで心地よく、柔らかく優しい潮風が髪をなびかせるメロディ。

MELLの、どここまでも美しく暖かく麗しい歌声は、世界の全てを観て来た様な大きな眼差しを持っていて、私に語りかける。

私には見える。浜辺が見える。彼の作ったメロディがそうさせる。終わりが見えないほど長く、薄い月色の浜辺。波は穏やかで、鳥の声も人の声もしない、静かな、静かな海。空は、元々こうだったんじゃないかと思うほど大きな雲に覆われ、鈍色の広場がどこまでも続いている。

見た事も聞いた事もない景色が心の中に広がってゆく。彼と彼女の創った世界に包まれた瞬間だった。心の中に海が産まれた瞬間だった。こんなに美しい海を、私は他に知らない。


さて、あなたには一体どんな景色が見えただろうか。

拝啓 森岡賢様 1

私が初めて森岡賢と遭遇したのは、あるライブDVDだった。

そこには、奇抜なステップで踊り、妖艶な美声で叫び、激流なスナップで叩き、時に繊細な指使いで奏でる彼の姿があった。そのDVDは

『MELL FIRST LIVE TOUR 2008 SCOPE』


シンセサイザーとパーカッションの奏者としてツアーに参加していた彼は、その後、MELLの5thシングル「RIDEBACK」のMVや、I'vの10thアニバーサリーライブ、MELLのアメリカでのライブ、そして、私が彼の姿を始めて肉眼で見ることになる、MELLのワンマンライブで、その芸術的で異次元的なサウンドとパフォーマンスを披露していた。


そのDVDに映っていた彼は、私が最も敬愛するシンガーMELLの神秘性や崇高性を損なうことなく、しかし、それに臆することも呑まれることもなく、彼の音楽家としてパフォーマンスを最大限に発揮しながら、このライブの『主神』であるMELLの音楽性、芸術性、宗教性と、これ以上ないぐらい混ざり合い、溶け合い、ステージを更なる高みへと変化させていた。

「なんなんだこのクネクネしてる人」

私は既に彼に心を奪われていた。

彼の名前は森岡賢。私が敬愛した音楽家の一人だった。


MELLの1stアルバム『SCOPE』の10曲目に収録されている「The first finale in me」は、彼女の音楽史を語る上で、避けて通ることは出来ないナンバーであるが、そのDVDでも、アンコール前の最後の曲として歌っている。

語りかけるような歌詞と、寂しげで儚いピアノの音色が特徴的な本曲を、私は、彼女の楽曲の中では三本の指に入るほど寵愛し続けいてる。DVDでは、このピアノを弾いているのが彼だった。

ツアーDVDを観た回数より、CD音源で聴いた回数の方が圧倒的に多いのにも関わらず、この曲を胸で奏でたとき、心の中で反響するのは、いつも彼が弾いたピアノの音色だった。それほど、彼の音色は私の胸に深く、深く、刻まれている。


その後の、アンコールで歌われた「Egen」での彼の指使いは、鬼気迫るものがあり、ライブのサウンドがCD音源を超える瞬間をまざまざと魅せ付けられ、決して忘れることのできない景色を奏でていた。彼はアーティスト。ステージを彩る芸術家だった。


そして、なんと言っても「kicks!」のイントロでの彼の煽りを観た私は、次は絶対にモニターの向こう側で彼らのパフォーマンスを受け止めたい、一緒にステージを創りたいと思わせてくれた。全身全霊でパフォーマンスをするエンターテイナーに会いたいと思わせてくれた。

17歳の春。


実際に彼を会うことになる、1年半前のことだった。

プロフィール

Author:dark side of the moon

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる