スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M-1めっちゃモヤモヤしたからリハビリがてらの駄文

まずは敗者復活戦。

三四郎かとろサーモン行ってくれ~と思ったけど、三四郎はドリフのネタだし、サーモンさんは電車のネタだったから、あっ、こりゃ行かないかもと思った。

でもどっちのコンビも昔からやってるネタをブラッシュアップして、良くウケてたと思う。

ただ三四郎は、三四郎って認知されてるからウケてるというか、もうちょっと笑われてる感じがして、もっと強いネタあるじゃ~んって思ったけど、本戦、決勝までネタ温存って考えると、難しいのかなとも思った。

でもめちゃめちゃ面白かった。歯があっても小宮さんも怒涛のツッコミも相田さんの親の敵のようにボケる様も最高だった。

とろサーモンもめっちゃ笑った。スタイル貫いて、既存のネタでもアドリブ入れて、なおかつウケてるのは、やっぱり凄いカッコイイなと思った。でも、一番面白いのは石焼き芋のネタだと思ってるから、やっぱりネタ温存なのかなぁとも思った。久保田さんの本気で悔しそうな顔が忘れられない。


あと、最近おもしろいなと思ってたAマッソ。もっともっとネタの密度も精度も上がっていく伸びしろがあるなと思った。あの感じの漫才を女性でできて、面白いコンビいなかったから、もっとネタ見たいと思った。


で、一番笑ったのは東京ダイナマイト。死ぬほど笑った。歯ブラシネタ、もう使うのかぁw


本戦は、去年の魑魅魍魎のモンスター感謝祭と相反する正統派漫才師が多くて、個人的に嬉しかった。最近は漫才コント通り越して、コント漫才みたいになってるのも漫才になってて、それ漫才と違うやろってのも普通にM-1とか出てるの見ると、なんでやーって思ってたから、良かった。

出場者見た段階で、もう銀シャリ優勝してくれ~銀シャリ優勝させてあげてくれ~って感情しかなかった。THE MANZAIとか、キング・オブ・コントは、え?なにその採点?って毎回なるけど、今回は順当だなって感じだった。審査員の好みがはっきり別れてるのも良かった。あと上沼恵美子怖すぎ。


ハライチ、大好きだけど、いつものスタイルだと、80点だいの面白さまでは行けても、絶対そこから先の大爆笑にはいけない。だから、あえてスタイルを捨てて、形式は残しつつ、展開ってものをつけたのは良かったし、良く殻を破って冒険したと思う。それで決勝までこれたのも凄い。やっぱり、テレビ出てる芸人は面白い。

ただ、それによって、縛りができたなって感じがした。岩井さんがアドリブ繰り出せないし、そこから生まれる、困り続けて苦しむ澤部さんが見れないから。僕がアドリブ大好きってのもあるけど、「澤部を泳がす岩井」を失って得たものとの天秤が釣り合ってなかったと思った。

でも、ある種のマンネリ化から抜け出そうとするハライチはかっこよかった。澤部さんピンでばっかりテレビ出てるけど、初めてハライチの漫才見た時の衝撃と感動は忘れられない。これからももっとハライチの漫才が見たいと思った。


スリムクラブは、おしゃべりキッチンにボロクソ言われてたけど、めっちゃ面白かった。なんか、もはや懐かしい気さえしたけど、昔より面白くなった気がする。出たての頃は、ただ、カスカスの声で意味不明なことしか言ってなかったけど、今日のネタは、カスカスの声で意味不明な面白いこと言っててよかった。2WDは、歴史に残るよマジで。


さらば青春の光は、普通にコントだった。審査員コメントで「コントやなぁ」って言いたかった。面白かったけど。


スーパーマラドナーバは、2本目のネタは完璧だった。1本目は、人志松本の言うとおり、しんどいところがあった。最後の3人目が田中さんっていう裏切りはめっちゃ良かった。ただ、一人二役はテンポとスピードが命だし、カス当たりだったら全部デスタイムになっちゃうから、よっぽど練り上げて試行錯誤しないと、しんどいなって思う。ツッコミが大きいから、小ウケでもカバーできてるなって感じがしたけど、それでも、決勝行けるレベルの面白さではあった。

2本目が良かったのは、展開の仕方。漫才コント入ったら、ボケとツッコミの配役は固定が普通。その配役を回転させたのが笑い飯革命。マラドーナのすごかったのは、配役をチャンジして、更にボケの役を変えていくことで、飽きさせない展開、予想のつかない展開を作ったこと。観客に先読みさせないレベルでボケを畳み掛けたのが良かった。ただ早すぎて1ボケを消化する前に次々ボケを食わされた感じはあった。それこそ、わんこ蕎麦的な、同じ味、同じ量のボケで、大爆笑まで昇華しきらなかった感はあった。

それでも、マラドーナ優勝しちゃうかも~って思った。


和牛も素晴らしかった。引きつける感じの漫才コント、完璧だった。ただ、ボケもツッコミも設定に抑え込まれてて、こもってる感じがした。だからこそ、終盤の逆ギレが活きてるんだなとも思った。迷彩服とか、最初の小ボケをフラグとして回収するのは、完成度高くていいなぁと思ったし、めっちゃ面白かった。

2本とも展開もボケも凄い良かったけど、どっちも同じ構成のネタってのが、ちょっと惜しかった。もちろん、ネタ3本やったってのはもあるけど(敗者復活戦のネタは見てない)。パンクブーブーとか、チュートリアルとか、笑い飯とか、同じ構成のネタってのは、やっぱり大爆笑級じゃないと、耐性ができちゃう。サンドイッチマンぐらい意外性があるとか、バイキングぐらい意外性+爆発力がないと、しんどい。

それでも、めっちゃ面白かった。僅差で和牛優勝かなーと思った。


で、本命銀シャリ。1本目は、もう何にも言うことない。最高。これぞ銀シャリって感じだった。いつかの大会で、どっかのクソ(そもそも漫才師ですらない)審査員に「面白いけどネタのチョイスが古い」とか言われたけど、良くここまで仕上げて来たと思う。1つのボケに、これでもかってぐらいツッコむ橋本さん最高。1ボケで何回笑かすねんって感じだった。もう1本目の1ボケ目で、あっ、今年は銀シャリ優勝だわって確信した。レって中々ないよなぁw。ホントに面白かった。あと、まっちゃんは、水曜日のダウンタウンで、ドレミの歌現代バージョンやる説があったから、ちょっとブーストかかって面白がってたと思う。やっぱりご飯者は面白いよねぇ。

でも2本目ね。これは、ああ、優勝のがしたぁっと思った。まず、フリの長さ。橋本さんが喋ってるだけのフリが長い。それに対するボケも一個だから、時間と笑いの費用対効果が低い。面白いよ。面白いけど、なんで2本目でそれなんだよぉ、童話のネタとかことわざのネタあるじゃん。なんならマグロー!のやつでも料理のさしすせそでもいいよぉ。一番のネタでスッキリ優勝してくれぇって思った。

最後の判定でまっちゃんが和牛に入れてたのも、そうだよなぁって思った。


ちょっとモヤモヤしたけど、銀シャリ優勝できてホントに嬉しい。泣いてる二人見て、僕も泣いた。初めて賞レースで見たとき、それ以降毎回絶対銀シャリ優勝!今回こそ絶対優勝!って思って、同じように苦い思いをしてきたから、自分のことみたいに面白かった。

あとは、礼二の兄やんがボソっと言ってけど、これからも漫才続けること。これだよなぁって思った。礼二さん、もう師匠のオーラが出ててすごかったw

三組とも僅差だったから、各審査員がどう思って投票したのかもっと聞きたかった。M-1は、どうでもいい前フリとかコンビの歴史とかいらないから、そこ聞かせてほしい。


去年がモンスター大会だったから、今年は良い大会だった。特に、決勝三組がちゃんとした漫才師ってのが良かった。ゲテモノは1組でいいよぉホント。真面目に見てるのがアホらしくなる。面白いから良いけど。

あっ、あとアレね、敗者復活戦で勝ったコンビを誘導する芸人さん募集。ひぐち君亡きあと、その枠空いてるから、早く誰か入ってほしい。入って欲しカッター。小宮さんが和牛の後ろちょっと追いかけてて笑った。


終わりで~す

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:dark side of the moon

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。